オススメの特集

  • 2017年08月19日

芸能事務所に所属して下積みをしていくには厳しい”上下関係”がある

画像

上下関係が厳しい芸能界ですが、所属する事務所や業界によってはその厳しさに違いがあります。アイドル事務所であっても、先輩後輩の間では言葉使いや接し方に注意しますが、他の業界の人の間ではあまり意識しない傾向があります。その一方で、お笑い事務所はどの業界に対してであっても、上下関係を意識した接し方をするなど、事務所による違いが見られます。それぞれ詳しく見ていきましょう。

アイドル事務所の上下関係は業界内では厳密

アイドル活動をする上で、芸能事務所に所属することで成功のチャンスが広がります。
もちろんオーディションに合格してこそですが、事務所に所属することで歌やダンスなども専門スタッフによるレッスンを受けられるのは大きなメリットです。
大手の事務所であるほど、アイドルを育てるノウハウを持ち、業界のコネを持ち活動がしやすくなるからです。

アイドルで成功するためには、事務所に入所することは有利になりますが、スキルや経験を身につけて一人前になるまでの下積みの期間であるほど、先輩や目上の人への接し方にはより配慮していかなければなりません。

所属するタレントさん同士の上下関係は、一般の人が想像している以上に厳しいものがあるからです。
例えば、大手のアイドル事務所で言えば、先にデビューしていれば年下であっても先輩となりますので、気を遣う必要があります。
先輩後輩の関係をわきまえて、挨拶などもしっかりとすることが求められます。

しかし、事務所や業界が異なると必ずしも、上下関係を厳密に意識していないケースもあります。
例えば、アイドルがお笑い芸人など、文化が異なる人と接する場合などでは、挨拶しないこともあるとバラエティ番組で暴露されています。

お笑い芸人の上下関係は業界を超えて厳しい

アイドル業界とはまた違って、お笑いの業界では事務所や業界内にとどまらず、先輩後輩の上下関係が厳しいと言われています。
年齢に関係なく、業界入りした時期や事務所入りしたタイミングによって、先輩後輩が決まります。
また、師匠や目上の人との関係は尚更です。一日でも早く入門すれば、年下であっても兄弟子となりますので、挨拶や敬語に気を使う必要があります。

また、お笑い業界だけに限定せずに、他の業界のタレントさんとの間で、上下関係に気を使う点で特殊性があると言われています。
裏を返せば、礼儀を欠いた行動をしていると、いつのまにか干されてしまいかねない厳しい世界であるとも言えます。
この点は、アイドルの芸能事務所と比べても、厳しいことを伺い知ることができます。

芸能界で先輩後輩の間では礼儀が大切

芸能界で活躍するためには、所属する事務所では上下関係を意識して先輩に接することがが、長く芸能活動を続けていくコツです。
業界に入ったタイミングや年齢によって、立場が決まりますので、敬語や挨拶を怠ることのないように注意が必要です。

もっともテレビを見ている側からすると、誰が誰の先輩であるとか、同期であるとかということは、あまり気になることでもありません。
むしろ売れている芸人さんが、無名の方を先輩と紹介して違和感を覚えることもありますので、一般人が見ると特殊な世界であるとも言えます。

しかし、当の芸能人の立場では、先輩後輩の仁義を怠ると共演NGとなって仕事が減るかもしれません。
裏で嫌われてしまって事実上、干されている状態となるかもしれないので、先輩への対応は注意すべきことではあります。

実際、新人が突然、人気が出てしまって天狗になった結果、先輩への態度が変化したことで、嫌われてしまうことも少なくありません。

まとめ

アイドルとして、もしくは芸能人として長く活動していくためには、芸能事務所に所属することでチャンスが広がります。
入所しているメンバー間では、先輩後輩の上下関係が重視されますので、敬語や挨拶を怠ることのないように配慮すべきです。
特にお笑い業界では、上下の関係を重視する傾向がありますので、共演NGとならないように配慮することが必要です。

この記事を書いた人:nana