オススメの特集

メインビジュアル
  • 2019年11月19日

お笑い芸人になるための5つの方法

面白いことを言ってみんなを笑わせ、場の雰囲気を明るくする「お笑い芸人」。テレビで見ない日はないほど大人気の職業です。たくさんの人たちを笑顔にしたい。お笑いの世界でひと旗あげたい。でも、お笑い芸人になるにはどうすればいいのか? この記事では、お笑い芸人になるための方法をご紹介します。

お笑い芸人になるにはどうすればいい?

お笑い芸人になるには、いくつかの方法があります。その中でも代表的な4つの方法をご紹介します。

養成所でお笑いの基礎を学ぶ

画像

最も一般的なのが芸人の養成所に入るという方法です。NSC(吉本興業)や松竹芸能タレントスクール、ワタナベコメディスクール、太田プロエンターテイメントカレッジなど、大手芸能事務所には独自の養成所を運営しているところも多く、それらの養成所を経てテレビや舞台で活躍するお笑い芸人は少なくありません。

養成所では、発声や演技、ダンスなど、舞台に立つための基礎を学ぶことができます。また、コンビやトリオを組むための相方を見つけられるのも養成所のメリットです。卒業までに必要となる費用は養成所によってさまざまですが、安いところだと約10万円、高いところでは約70万円のお金が必要となります。

お笑い芸人のいる事務所に所属する

養成所には通わずに、直接事務所に所属するパターンもあります。目当ての事務所がある場合は、代表番号に電話をかけたり、事務所を訪問したりしてみるのも良いでしょう。その際は、挨拶をしっかりする、用件をきちんと伝えるなど、マナーをわきまえた行動を心がけることが大切です。

ただし、事務所に所属したからといって、すぐにお笑い芸人としてデビューできるわけではありません。先輩芸人の付き人をやったり、下働きのようなことをしたりしながら、お笑いの世界について学んでいくケースも多いようです。

憧れの芸人に弟子入りする

画像

養成所が主流になるまでは、目標とする芸人に弟子入りをして、付き人をしながら芸を学ぶのが一般的な方法でした。今も落語の世界などでは、弟子入りをして厳しい修行を積み、師匠に認められてようやく舞台に立てるというのが当たり前とされています。

現代の若者にとっては前時代的で古くさい方法に感じられるかもしれません。しかし、憧れの芸人が繰り出す一流の芸を間近で見ながら、お笑いや作法について徹底的に学ぶことのできる、ある意味においてはとても贅沢な方法とも言えるでしょう。

オーディション番組にチャレンジしてみる

画像

レアなケースですが、オーディション番組を勝ち抜いてデビューを掴むという方法もあります。素人のネタみせ番組などでプロデューサーや芸能事務所の関係者の目に留まれば、一気にスターダムにのし上がるケースもあります。

ただ、現在はそういった趣旨の番組が少ないため、上記に挙げた3つに比べると、あまり現実的な方法とは言えないかもしれません。

インターネットを活用する

YoutubeやSNSなどインターネットを活用して知名度を上げるというのも有効な方法です。特に、デジタルネイティブと呼ばれる世代の若者たちにとって、インターネットはテレビよりも身近な媒体です。そして、近年はYoutuberから芸人になるケースもあります。

ハイテンションな芸で知られるフワちゃんは、「フワちゃんのウーウー」というYoutubeチャンネルから人気に火がついた芸人さんです。また、芸人ではありませんが、ヒカキンのようにテレビの世界ではまったく無名の存在から、Youtubeを通して全国区の有名人に上り詰めるケースもあります。

ただし、前述のフワちゃんもワタナベコメディスクールに通っていた経歴があるため、まったくのゼロからスタートしたわけではありません。芸人になるための下積みをしつつ、インターネットを上手く使って自分のネタをアピールするというのがおすすめの方法です。

お笑い芸人に向いているのはどんな人?

画像

テレビや舞台で活躍するお笑い芸人には共通する特徴があります。それは、頭の回転が速い、その場の空気が読める、そしてハングリー精神が旺盛ということです。

相手の言葉に絶妙なタイミングで突っ込みを入れたり、ボケを返したりするのは、頭の回転が速くなければできません。咄嗟の判断力や瞬発力、ひらめき力が笑いを生み出すのです。その時々で最適な切り返しができる反射神経の良さは、お笑い芸人にとって必須の能力です。

また、その場の空気を読む力もお笑い芸人には大切です。周りが引いているのに好き勝手なことばかりしていては、笑うどころか白けてしまいますよね。その日の客層や雰囲気に合う話題を提供し上手く盛り上げてこそ、万人に受ける笑いを生み出すことができるのです。

そして、一流のお笑い芸人になるためにはハングリー精神が欠かせません。生き馬の目を抜く世界の中で、しゃべりの腕一つでのし上がっていくためには、どんな状況にもへこたれず頂点を目指す強い気持ちが必要です。

これらを兼ね備えた人こそが、お笑い芸人に向いている人と言えるでしょう。

まとめ

お笑い芸人は楽しいことだけでなく大変なこともたくさんある仕事ですが、人々を笑いの力で幸せにできるとても素敵な職業ともいえます。上記にご紹介した通り、お笑い芸人になるためには色んな方法がありますので、自分に合うやり方でぜひチャレンジしてみていただければと思います。

この記事を書いた人:bythos