オススメの特集

  • 2016年07月12日

芸能業界のオーディションって一体どんなものがあるの?

画像

モデル、女優、俳優、声優と芸能業界にはいろいろな仕事がありますが、仕事をゲットするためのオーディションって一体どんなものがあるのでしょう?今回はオーディションの種類について、紹介していきたいと思います。

声優のオーディション

声優のオーディションの種類には仕事の内容によっていろいろ変わってくるのですが、まずはどれだけ声で演技が出来るか?といった事が試されます。
声優の仕事内容としては、

●アニメのアフレコ
アフターレコーディングの略です。

●洋画などの吹き替え

●朗読
滑舌や標準語、地方別のイントネーションの稽古を積んで挑みましょう。

●ゲームのキャラクターの声
子供みたいな面白い声の人が採用されやすいです。

●主題歌の歌手

●パチンコ台の吹き替え

といったものがあります。
映像を観ながらそれに合わせて声を付けていく仕事が多いです。
だからオーディションでも台本を渡されて実際にセリフを言ってもらう事を要求されます。
普段からアニメの声を真似してみたり、いろいろな映画の音声を消して字幕のセリフを言う練習を積んでおきましょう。他にもミュージカルの仕事もあるので、歌って踊れるようなレッスンを積んでおくと良いです。声優は声だけが良ければいいといった時代から、現代ではファン活動を積極的に行う時代へと移行してきています。マスコミにもよく取り挙げられるようになったり、イベントで活躍したりとファンを集める活動も活発化していきているので、ファッションやヘアスタイルにも気を配りながら外見も磨いておきましょう。

女優や俳優のオーディション

女優や俳優のオーディションでは、そのドラマや映画、テレビ番組、雑誌の仕事の種類によって、いろいろ変わってきますが、ある程度メジャーになる前だったら、脇役やエキストラといった仕事のオーディションがメインになります。

●映画
映画の場合には撮影地が遠方の場合や移動する事もあるので、そういった点もスケジュールや体力的に可能であるかどうか?といった点をオーディションの時に質問されます。

●ドラマ
ドラマの撮影も出演回数によって、撮影や稽古が長引く場合があります。
多くの役者やスタッフ達と共に仕事を進めていくので、何度かみんなで稽古をする機会もあります。
長い撮影の場合には、高額なギャラをもらえる事もあります。

●テレビ番組
演技力の他にも歌番組のために歌唱力やバラエティ番組のトーク力、コミュニケーション能力も求められています。
番組を盛り上げるために面白い発言が出来る人や機転が利く人、面接の時でも四六時中笑顔を絶やさないでいられる人が求められています。

モデルのオーディション

モデルの場合には、仕事によってオーディションの種類も大幅に変化してきます。

●ファッションショー
実際にウォーキングやポージングをしてもらいます。
手足や鎖骨部分の美しさをチェックする場合が多いので、生活感を保ちながらも露出の多い服装でオーディションに挑んで下さい。

●TVCMや動画CM
インタビュー形式で面接官の質問に答えてもらうスタイルがメインなので、ビデオカメラの前での面接といった形式のオーディションが多いです。

●雑誌やポスターの撮影
雑誌やポスターの撮影のオーディションも、手足や鎖骨部分の美しさをチャックしていくので、生活感を保ちながらもミニスカートやショートパンツ、鎖骨が見える服装で挑んで下さい。
面接時には、何種類ものポージングを取ってもらう場合があります。
普段からいろいろなファッション雑誌で活躍しているモデル達のポーズを研究していきながら練習を積んでいって下さい。

まとめ

今回はモデルや女優、俳優、声優といった職業別に、オーディションの種類や受かるコツについて紹介してきました。
仕事の種類もバラエティに富んでいて、モデルでも女優の仕事もできるし、俳優でも声優の仕事も出来るようになっているので、得意分野を活かしていろいろな種類のオーディションに挑んでいって下さい。
オーディションも仕事別に形式が変わってくるので、普段からそれぞれのオーディションに対応できるようなレッスンを積んでおきましょう。

この記事を書いた人:猫瑠璃