オススメの特集

アクセスランキング

  • 2016年07月23日

モデルが知りたい情報満載!ランウェイに出る方法について

画像

モデル志願の若者にとって、一番の憧れはなんといってもランウェイに出場する事でしょう。
特に高身長の方は、頑張りがいがある仕事だと思います。
今回はモデルの憧れのランウェイに出る方法について、レッスン法を交えながら解説していきます。

まずはきちんと歩ける事が大事!

ファッションショーに出る際に一番重要なポイントが、ウォーキングです。
ウォーキングもただ歩けばよいというのではなく、ランウェイ専門のショーウォーキングといった専門のレッスンを積む必要があります。
ショーウォーキングのレッスンでは、ランウェイで歩く基本のウォーキングのパターンを数種類マスターしていきます。

①まっすぐに歩く
普通にまっすぐ歩くレッスンですが、一歩前に踏み出す時に、膝を曲げて歩いたり、顔や肩、手のふりが左右のどちらかに傾いていたらNGとなります。
意外と自分の癖について理解していない人が多いので、鏡を見ながらもしくはショーウォーキング専門のレッスンを受けながら、演出家の先生や、元ファッションショーモデル経験者の先生に正しいウォーキング法を学ぶ事が大切です。

②リズムに乗って歩く
ランウェイでは、ファッションのイメージと流れている音楽に合わせてウォーキングする事が求められています。
ショーウォーキングのレッスンを受ける以外でも、普段一人でウォーキングしている時に音楽を聴きながらリズムに乗って歩く練習を行うと良いでしょう。
音楽のリズムに乗るためには、普段からダンスやZUMBAエクササイズのレッスンを積む必要があります。
ダンスのレッスンの種類もヒップホップ、サンバ、サルサ、タンゴ、クラシックバレエ、フラメンコ、チャチャチャ、マンボ、レゲトンといった風に何でも踊れるようにしておく事が大切です。
出来ればランウェイのオーディションの時に、ダンスが得意だと面接官にアピールできるように簡単な認定資格でもいいので、ダンス系の資格を取得しておくと良いでしょう。
ダンスのテクニックが同じレベルのライバルモデル達と差をつけられるチャンスです。
ランウェイの仕事は非常に少ないのが現実ですし、同じモデル業でもランウェイに出れる人はごく一握りしかいません。
ランウェイに出たという実績があるだけでもひとかどのモデルとして認めてもらえるので、トップモデルを目指すのであればショーウォーキングのレッスンに励んでいって下さい。

③キャットウォーク
ランウェイといえばキャットウォークですが、キャットウォークとは猫のように歩くスタイルの事です。
他にもランウェイの舞台上の客席に突き出た細長い舞台の見せ場の事を意味しますが、まっすぐに一本の線の上を歩くように足を若干クロスさせていく歩き方です。
これも相当レッスンを積まないと美しく見せる事は難しいので、ショーウォーキングのレッスンを受ける以外でも普段歩道を歩く時には、まっすぐな線があったらその上からはみ出ないように歩く訓練を積んでいきましょう。

講師の先生に気に入ってもらえる事が大事!

ランウェイに出たいのであれば、ショーウォーキングの講師に気に入ってもらう事も大事です。
それは講師として教えている人の中には、演出家として日本中、世界中を転々と移動しながら活躍していたり、元トップモデルでいろいろな人脈を持っているといった人が多いからです。
ただショーウォーキングが上手いだけよりは、講師の方々とコミュニケーションがしっかり取れている人の方がよりランウェイの仕事が入りやすいし、ランウェイのオーディションで選ばれるコツや現場の裏事情、ランウェイで失敗しないコツなどを詳しく教えてもらえます。
モデルの世界もコミュニケーション能力が大切なので、普段レッスンを受ける時でも人脈づくりをしっかり励んでいって下さい。

ポージングのレッスン

ランウェイでは立ち止まってターンする前や途中でポージングして、着ている洋服の魅力をアピールする場面が築けられています。
そんな時に重要なのが、ポージングです。
ポージングのレッスンも、ショーウォーキング以外でも家で鏡を見ながら行うと良いです。
そんな時に押さえておいて、欲しいポイントが、

●自分のチャームポイントをアピールする
もしもあなたの顔が左向きの方が美しいと感じているのであれば、左向きの顔をアピールする、手が美しい場合には手をアピールするポージングをいくつかマスターしておくと、自分の魅力を最大限にアピールしていく事が出来ます。
さらにポージングもただカッコよさを追究するのではなく、そのショーで流れている音楽のテーマやイメージに合わせたり、着ている洋服がいかに魅力的に見えるか?といった事を計算しながらポーズを構築する必要があります。
美しいポージングも体が柔軟でないと出来ないので、普段から鏡の前でいろいろなポージングのレッスンを積むのと同時にストレッチをして体を柔軟に整えておきましょう。

まとめ

今回はランウェイに出る方法と、レッスン内容について詳しく解説していきました。
同じモデル業でもランウェイに出場経験のあるモデルの方が、レベルが高いとみなされる傾向が強いですし、モデル業として一番遣り甲斐のある仕事なので、普段のレッスンスケジュールにショーウォーキングのレッスンを組み込みながら美しく歩く練習や見せる練習を積んでいって下さい。

この記事を書いた人:猫瑠璃