オススメの特集

アクセスランキング

  • 2016年08月18日

CM・企画のオーディション募集!狭き門に受かるコツとは?

画像

ウェブサイトや都会では、CMなどのオーディションの募集を見かけることも多くなってきました。CMのオーディションとは、ほかのオーディションとは違い、少し趣向が異なります。それは、能力や魅力ではなく、イメージにあった人、というのが選ばれることが多いのです。そういった違いについても頭に入れておきましょう。

CMオーディションに受かるコツとは?

オーディションの募集を見かけたので、応募してみたい、という方も多いのではないでしょうか。特にCMオーディションは、様々な方が幅広く受けることができるオーディションなので、参加してみたい、と考えている方も多いでしょう。
ここで知っておかなければならないのが、CM系のオーディション募集の場合、基本的にはその人の魅力「だけ」をテストしているというわけではない、ということです。
あくまでもCMの企画があれば、その企画に一番マッチしている・企業イメージを損なわないようなキャラクターを選んでいる、といえるでしょう。
例えばお茶などのCMで、癒しの時間、ゆったりした時間をイメージできる女性を募集していることがあります。こういったコンセプトのCMオーディションの場合には、やはりその商品イメージなどが大切となります。

商品イメージ、アピール力で選ばれる

このため、もしもCMのオーディションを受ける際には、どういった商品なのか、またどういった企画なのか、ということをしっかりと調べてみることが必要です。もしも、知名度があり、魅力があったとしても、買ってほしい人たちへの訴求対象へのアピール力がないと判断されれば、ミスマッチとなってしまいます。このため、CMオーディション、というものは、その人の魅力というわけではなく、対象商品とのイメージのマッチング度が審査されているといえるでしょう。
もちろん、応募者が持っている、個性や魅力といったイメージも大切ですし、年齢層、また属性の人たちへアピールできるのか、という年齢層が合っているのか、という点なども見られています。このため、オーディションでは、アピールの方法を間違えないようにすることが重要です。

CMオーディションでは、企画マッチングが必要となる

このように、CMオーディションでは、本人の魅力そのものというよりは、どれだけその商品のイメージ、企画にマッチしているのか、といったことを重要視されるといえるでしょう。このため、もしも落ちてしまったとしても、自分自身に才能がない、とは思わなくても大丈夫です。
また、CMオーディションの募集の中でも、自分のイメージに当てはまるものに応募することで、合格する確率が高まります。このため、自分のイメージなどを自分自身でしっかりと把握しておくなど、自己分析も非常に大切となるのです。

この記事を書いた人:中村