オススメの特集

アクセスランキング

  • 2016年09月23日

求められている条件を逆算して指名度ナンバーワンのモデルになる法

画像

モデルイコール痩せている人といったイメージが強いですが、果たして一体そうでしょうか?
ダイエットも大事ですが、ただ痩せれば人気モデルになれるといった訳でもないようです。
これから一般的にモデルとして活躍しているタイプを分析していきながら、クライアントが求めている素材作りについて解説していきたいと思います。

ヘルシーで完成度の高いモデルが人気

モデルとして業界で活躍していく際に美人である事に越したことはありませんが、それ以上に健康的なイメージを作っていく事が大切です。

例えば身長170cmで体重が48㎏のガリガリで貧弱なモデルよりは、同じ身長が170cmで体重が51㎏でも、無駄な贅肉がなく、筋肉で鍛え上げられたボボディのモデルの方が人気があるのです。

モデルとして一番に求められる要素は、ヘルシーで清潔感のある人です。
そこからさらに上のレベルを目指す場合には、完成度を高める事がポイントとなってきます。

●手がきれい
●首が細くて長い
●肌がきれい
●髪がサラサラ
●足がまっすぐして細くてきれい
●歯が白い
●歯並びが整っている

これらの要素を全て満たしていくために、普段から筋トレ、ダイエット、スキンケア、ヘアケア、ボディケア、オーラルケアに励んでいきましょう。

美意識の高いモデルやタレントの集まる芸能事務所でいつも美意識の高い人達と触れないながらレッスンを受けていると、美に対する基準も自然と高まっていくはずです。
良い刺激を受ける事によって、いまの自分に満足することなく、よりハイレベルな美を求めていくようになるので、若いうちからモデル事務所や芸能事務所に所属しながら、モデルとして必要なレッスンを受けて訓練を積んでいって下さい。

自分らしさのエッセンスをひとさじ加えた着こなしセンスの磨き方

モデルの仕事の多くは、洋服をおしゃれに着こなす事です。

与えられる洋服によって、

●ベーシック
●カジュアル
●フォーマル
●和装
●ウェディング

といった風にテーマが変化してきます。

そんな中で、いつどんな衣装を与えられたとしても、自分らしさのエッセンスをひとさじ加えて着こなす事が大切です。
例えばカジュアルな装いでも、自分が着たらエレガントなエッセンスがプラスされる、フォーマルや和装の装いだと、さらにワンランク上のエレガントさが醸し出されるといった風に、自ら発するエネルギーによって、装いに生命力を与えていく事だって可能なのです。
そのためには、普段から自分のイメージを温めていく事が大切です。

時代のテイストを吸収して活かす事

モデルの役割は、その時代の流行を伝えていく事です。
そのため普通の人以上に、流行には敏感である必要があります。

時代にマッチした装いをするためには、洋服、アクセサリーや小物、メイクの3つの要素のバランスを考えながらコーディネートしていくといったトリニティパワーを高める事が大切です。
流行のテイストは洋服だけでなく靴やバッグ、アクセサリーといった小物でも表現していく事は可能なので、いろいろなテイストに合うように小物類を充実させておきましょう。

実際にモデルの仕事で撮影の時に、私服や小物やアクセサリーといった私物を活用して、撮影する機会も多いので、モデルだったらおしゃれな洋服やアクセサリー、小物のくれくしょんに励んでいって下さい。
メイクも自前のメイクをしてそのままオーディションに挑まないといけない事が多いので、普段からメイクのテクニックも磨いていくようにして下さい。

まとめ

今回は売れっ子モデルになるために、クライアント側が要求している理想のモデル像をプロファイルしていきながら、そのイメージに近づくための方法について解説していきました。

無駄な贅肉を減らすためにダイエットする事も大切ですが、それ以上に健康的である事がモデルとして第一条件なので、ダイエットと同時に筋肉もつけていきながら、ヘルシーで清潔感のあるモデル像を構築していって下さい。

そしてファッションやメイクといったおしゃれの関心を高めていく事によってそれがよりモデルの仕事に活かされていくので、おしゃれに対する関心も高めていって下さいね。

この記事を書いた人:猫瑠璃