麻生 瑛子
premium entertainment

premium entertainment

タレント、モデル、アーティストの人材の発掘、育成に尽力しております。 経験不問…

麻生 瑛子
アソウ エイコ

8才から演劇を始める。長崎外語短大卒業後、大分放送報道制作局アナウンス部に勤務。
蜷川幸雄氏の第1期生として指導のもと、近松心中物語にてプロデビューし舞台、映画、TVにて活躍する。
劇団「昴」の所属俳優としても活躍。
その後、自身で脚本、演出を手がけ、ワシントン、ニューヨーク、プリンストン、ニュージャージー、ブラジル、ペレン、カスタニャール、マナウス、ロス、ハワイ、サンフランシスコ、サンディエゴ、上海、など国内外で150回以上公演し、大きな反響を得る。
彼女の一人芝居は評判高く、圧巻である。
子育てをきっかけに第一線を離れるがやはり彼女の生きる道は芝居の道、現役復帰を果たす。
シュールな役からコミカルな役など芸の幅広く、いまだ奢ることなく謙虚な心を持つ俳優である。

ジャンル
女優
生年月日
1953年3月6日
身長
160cm
趣味
ピラティス
特技
三味線、日舞
出演歴
[映画]
「ムッちゃんの詩」堀川弘道監督
「IN ANOTHER LIFE」
[テレビ]
TX12時間ドラマ「福沢諭吉」
NHK 大河ドラマ「草燃える」
痛快人間伝
TBSドラマ「激愛三月までの…」
火曜サスペンス
[舞台]
「近松心中物語」蜷川幸雄演出
「南北恋物語」蜷川幸雄演出
「元禄港歌」蜷川幸雄演出
「ノートルダムドパリ」蜷川幸雄演出
「ロミオとジュリエット」蜷川幸雄演出
ハムレット
「三文オペラ」佐藤信演出
マックザナイフ
寺院の殺人
お気に召すまま
劇団龍門「愛すべき馬鹿者たち」
劇団龍門「ひかりとかげ」
劇団龍門「白い奇蹟」
『近代能楽集:班女』松橋登さんとの朗読会
同じプロダクションに所属する芸能人