オススメの特集

アクセスランキング

  • 2016年01月21日

声優志望者必見!声優オーディションに合格するためのテクニック

画像

大人気の職業・声優。最近ではテレビ出演・音楽活動はもちろんのこと、紅白出場まで夢ではなくなってきていますよね。さまざまな分野で活躍できる売れっ子声優を目指して、声優志望のあなたがオーディションで合格できるテクニックをお教えしちゃいます。

1.普段から腹式呼吸で!

画像

声優オーディション合格を目指す人にとって、もはや常識の腹式呼吸。あなたは腹式呼吸をしっかり体得していますか?

「お腹で呼吸をする」と言えば一言で済みますが、慣れていない人にとってはなかなか難しいものです。また、実際には人間はお腹で呼吸をすることなんて出来ないので、当然肺で呼吸をするのは腹式呼吸でも同じなんですよ。

「お腹で呼吸をする」という言葉だけにとらわれて、お腹しか意識しない腹式呼吸はNGです。腹式呼吸というのは、肺にたくさん空気を入れることで横隔膜が押されて下がり、それによってお腹がふくらむ呼吸法です。

目的はお腹をふくらませることではなく、たくさん空気を吸うことなのです。正しく深い呼吸が出来ている人は、お腹だけではなく背中もわずかにふくらみます。お腹だけでなく、全身に空気を際限まで入れるつもりで吸ってみましょう。

そして、腹式呼吸のテクニックが習得できたら、日常生活も常に腹式呼吸を意識しましょう。売れっ子声優さんは仕事以外のときでも、大きな通る声で話しています。それは日頃から腹式呼吸をしているからです。最初は意識が必要ですが、慣れてくれば無意識のうちに出来るようになりますよ。

2.滑舌の良い発音は必須

画像

滑舌を良くする練習をしたことはありますか?きれいな滑舌は一朝一夕で習得できるテクニックではありません。練習したらしただけきれいな発音になり、声優オーディションを受ける際に他の志望者と差をつけ合格に近づくことができますよ。

声優を目指す人は、必ず毎日10分で充分ですので滑舌の訓練をしましょう。有名な「あめんぼ赤いなあいうえお」でも良いですし、「外郎売り」も良いでしょう。

大きな口を開け、ゆっくりと、舌をしっかり動かしながら発音します。顔のエクササイズをしているような感覚で行います。

また、自分の滑舌が正しいかどうかというのはなかなか自分ではわからないものです。出来れば一度、アナウンス教室やボーカルレッスン・声優教室のワークショップなどに行って専門家に滑舌を聞いてもらうことをオススメします。

日頃からたくさんの生徒さんの発音を聞いている専門家ならば、少し発音を聞いただけであなたが五十音のうちどの音が苦手か、どの行の発音が悪いかなどすぐに判断しアドバイスしてくれるでしょう。それをもとに、毎日自主練をし、正しい発音テクニックをGETしてください。

3.正しいアクセントを知る!

画像

声優の発する声は、日本全国の人が聞くことになります。つまり、全国の人が聞き取れる日本語を話さなければなりません。ほとんどの場合、標準語を使うことが求められます。

地方出身者は標準語のアクセントのテクニックを習得する必要があります。出身地域によって、その地域特有のなまり・アクセントがあります。では、正しいアクセントはどうすれば知ることができるのでしょうか?

実は、世の中には「アクセント辞典」というものがあります。売れっ子声優さんもレッスン中の養成所生も、一人一冊は必ず持っています。代表的なものはNHK出版のものと三省堂のものです。どこの出身者も必ずどちらか一冊を入手しましょう。

東京出身でも、育った環境などによって、正しいと思っていたアクセントが実は間違っていた!なんてこともよく起こります。少しでもアクセントの疑わしい単語は必ず辞書をひいて調べましょう。

一つ一つの単語のアクセント知識の積み重ねが、声優オーディションに合格する力になっていきますよ。

4.プロのテクニックを盗む!

画像

技術はどんなものでも、熟練者のテクニックをマネすることから始まります。マネと言うと聞こえが悪いですが、何でも初めての技術を経験する際には教えてくれる先生がいるものです。あなたも先生の教えを再現することは今まで何度もおこなって来たと思いますが、それもマネの一種なのです。

声優には演技力が必須です。さまざまなアニメやドラマCD・舞台などで、たくさんのプロの演技に触れましょう。その際、今までは何気なく観ていたアニメでも、声優オーディション合格を目指すからには演技に注目して観なければなりません。

例えば、泣く演技をこの声優さんはどう表現しているか?別の声優さんはどう表現しているだろう?など、一つ一つの演技に気をつけて観るようにしましょう。先輩声優さん・役者さんの全員があなたの先生です。こんなに心強いことはありませんよね。

演技の引き出しを増やして、オーディションで突然の演技を要求された際にも自信を持って立ち向かえるテクニックを身に付けましょう。


いかがでしたか?声優オーディションは、とても競争率の高い注目のオーディションです。ライバルに勝つために、今すぐ合格テクニックを習得する努力をしていきましょう。気づかないうちに実力差がついて合格する可能性もぐぐっと高まるはずですよ!

この記事を書いた人:秋場カナ