オススメの特集

  • 2016年03月14日

憧れのモデル事務所オーディション!次のスターはあなたかも?

画像

モデル事務所所属と聞くと、それだけで憧れの存在になれそうな気になりませんか?モデルの世界はスカウトが多いようなイメージがありますが、実際にはオーディションから所属になる人もいます。そして、合格した後もまたオーディションが待っているのです。

日頃の生活管理で差が付きます

どんなにスタイル抜群でも維持することは大変です。今は、フォトショップで加工が当たり前になっていますが、それでもあなたを実際に見た人から加工の人と呼ばれるのは、悔しくないでしょうか。日頃から外に出るときは日焼け止めを塗る、肌の状態を良くするために食事管理に気をつけるなどしておきましょう。オーディションからモデル事務所に決まった人も、スカウトから所属する人も事務所で体型のチェックが毎月入ります。

微笑む口元を作る簡単な方法

キュッと上がった口元は、モデル事務所のオーディションで審査の判断材料になるポイントの一つです。私の口元は下がっているから、ダメだなと諦めることはありません。毎日、割り箸をくわえると、自然と口元が上がります。癖をつけてしまうのです。それだけで、微笑んでいるような愛らしい口元の出来上がりです。

ポーズ練習のためにファッション誌を見る

以前の撮影では、ポースの指定をカメラマンが行っていました。ですが、今の撮影ではモデルが自分からポーズを決めます。お気に入りの決めポーズをたくさん用意しましょう。モデル事務所のオーディションに送る写真にも決めポーズの写真を選びます。普段から眺めているファッション雑誌に掲載されているモデルのポーズに注目しましょう。その中から、コレだ!と思うポーズを真似して練習してみます。

笑顔で挨拶に勝てるもはありません

実際のモデル事務所のオーディションでは、カメラテストが主となります。ですが、あなたの雰囲気や仕草など、細かい部分を観察しています。審査員の前に立つとき、笑顔で挨拶から入りましょう。カメラテストも笑顔から入り、クールな顔を取り入れ、笑顔でしめます。メリハリのある表情を表現できれば、審査員から高い評価を得られるはず。笑顔に勝る表情はありません。鏡の前で微笑んでみましょう。自然な笑顔が作れるようにします。ニセ物の笑顔では、愛想笑いにしか見えません。合格してからもオーディションは続きます。だからこそ笑顔を忘れないで下さい。


モデルになりたいのだけれど、今一歩が踏み出せない。あと少し背が高かったら、もっと痩せなきゃ、など人それぞれに理由があると思います。でも、どんなタイプの人にも需要があります。キレイなだけよりも、個性的なタイプが好まれるようです。過度なダイエットで体を潰すことだけは避けましょう。

この記事を書いた人:佐々木恵