オススメの特集

  • 2016年12月25日

歌唱力に自信がない・・・たくさんのライブ出演で実力は伸びる!

画像

歌手になりたい人は、よく路上ライブや、ライブハウス等を活用して歌を唄ったりします。路上ライブ等ですが、演出だけでなく、練習という意味も込められています。

また、ライブハウス等を活用する場合、どの位の費用が掛かるかも知っておくべきでしょう。

ライブハウス及び使用料金

主に音楽家の活動の場とされているライブハウスですが、「激しい鼓動が特徴的なロック系、黒人音楽の代名詞とされるジャズ等の、演奏会を催すイベントホール等」とされています。また、飲食店にも該当しており、飲食をしながら音楽家等の演奏を観たり聴いたりする事ができる施設とされています。

また、このイベントホール等は、俗に、ハコとされています。 ライブハウスの使用料金ですが、これは知っておかなければなりません。例えば、週末に利用する場合、午後10時から翌朝5時までであれば約15万円位の使用料が掛かるとされています。捻出するためには、路上での演出で稼いだ資金で賄うべきでしょう。なお、費用ですが、機材のレンタル料等が含まれています。機材等は、会場が貸出しをしてくれます。

路上での演奏行為をする際に気を付けるべきこと

"自慢の歌唱力を披露すべく、ある程度の場数を踏んだ路上音楽家等の活躍の場が、ストリートパフォーマンスとなっています。この、路上での演奏行為ですが、基本的には警察等の行政機関に対して許可を貰わなければなりません。

また、東京都武蔵野市の、所謂、吉祥寺エリアでは、「ストリートパフォーマー支援」を行っており、申請して使用しても良いとされた場合、10万円程度の年間使用料金を納付すれば自由に路上演奏等ができるようになるといわれています。

場数を踏めば、歌唱力は磨ける

歌唱力を磨くためには、練習をするのが一番良いかもしれません。ルックスが良く、それなりに唄が上手い人であれば、場数を踏んで行く事で自己を高めて行く事ができるようになるでしょう。上手くなるためには、ひたすら練習をし、その中でも、基本的な事を繰り返し練習するのが良いとされています。

例えば、相撲では、腰を割った状態で割と重そうな物を持って摺り足をしたり、ひたすら四股を踏む事で下半身の強靭な筋力が得られるようになるといわれています。 また、ボーカルの人で、特に成功を収めている人ですが、必要に応じてボイストレーニングを受けているといわれています。スクールに通う事になり、4千円~1万円程度の受講料金が発生しますが、講師はプロであり、安心してレッスンを受けれます。

まとめ

歌唱力を高めるのは、場数を踏む事に尽きます。ただ、自分の演出及び演奏を披露するためには、会場等を確保しなければなりません。路上であれば、役所等や施設所有者等から許可を得なければなりませんし、こういう事はチェックしなければなりません。

また、音楽家で成功している人ですが、「相棒」とされる人、つまり講師を見つけるべきでしょう。講師の人がいれば、適正なアドバイスを受ける事ができるようになります。

この記事を書いた人:nana